店舗をお洒落にDIY 〜内装編〜折り畳み式カウンターテーブルの取り付け方


今回のご依頼はお店のリニューアルのため、店内の内装に"折りたたみ式カウンター、カウンター席の飾り棚、収納棚の取り付け"、"作り付けのベンチの解体"、そして外装に"縦格子の制作・取り付け"の作業を行いました。
この度の作業は3日間に及んでいるため、記事を2回(内装編、外装編)に分けてご紹介します。

≫ASTASメンバー 清水 貴史 についてはコチラ

 

00.事前準備(内装編)

今回は、"折りたたみ式カウンター・カウンター席の飾り棚・収納棚"の取り付けの下準備をしていきます。

事前に "取り付け箇所のスペースやサイズ"を調べ、あらかじめに簡単な設計図をつくります。

※ASTASでは模様替え等の依頼の際、このようなイメージをもとにご提案させていただきます。

今回のポイントは2つ。
・窓際の客席スペースのフレキシブルな活用
・カウンター席から見える厨房の目隠し+収納スペース増設
・作り付けベンチ撤去による客席スペースの拡張

zumen01-2

設計図が完成したら、ホームセンターへGO!!

≫DIYの流れについて紹介した記事はコチラ

01.木材の塗装

お店のインテリアのイメージに合わせ、今回のDIYでも木部を塗装。 そして今回の取り付け箇所は飲食スペースのため、汚れの拭き取りなどのメンテナンスを考え、仕上げに水性ウレタンニスでコーティングしました。

まず今回も選んだ塗料は、"WATOCOオイル(エボニー)"
店内の木部の色味に合わせるように注意しながら、拭き取りをするのがポイント!

WATOCOオイル

ハケで塗装

ウエスで拭き取り

 

次に選んだ塗料は"和信ペイント(透明クリア/ツヤ消し)"

ニスの塗装箇所の光沢を、ツヤ消しを選ぶことで抑えることが出来ます。
そしてウレタンニスを塗装する際は塗装する面をしっかりと研磨した後、木目に沿って一定方向にムラなく丁寧に塗装するように注意しましょう!

和信ペイント

02.折りたたみ式カウンターの取り付け

制作した図面を元に受け金物を取り付ける点はこれまでと同様ですが、今回のDIYでは直接壁面に受け金物を取り付けていきます。
取り付け箇所の壁面は羽目板張りで、割り付けを意識して受け金物の取り付け時に"どこでも下地スピードミニ10"を使用しました。
水に浸したスポンジをビスの取り付け位置に開けた穴に詰め込み、接着剤を注入することで下地の無い壁に簡易的に下地を作ることができます。

どこでも下地スピードミニ10

下地

下地穴に埋め込む

 

そうして出来た下地に折りたたみ式受け金物"KING DO WAY 棚受け金具"を取り付け、そこにカウンターテーブルの天板を取り付けます。
IMG_3559

金具を壁に取り付ける

金具

天板に金具を取り付ける

 

折りたたみ式カウンターの完成‼
折りたたみ

天板2枚のカウンター

03.カウンター席の飾り棚・収納棚を取り付け

カウンター席側からの目線に注意しながら、棚板の取り付け位置を決定!棚板の下部には、白ペンキ"アレスアーチ(ツヤ消しアーチホワイト)"で塗装した合板の目隠しと中央部に2×6材を立て完成!

カウンター

棚板取り付け後

カウンター2

目隠し用の合板取り付け後

 

そしてビールサーバーなどが収納されたBOXに、取り外し自由な棚板を取り付けました。ロの字型の金物"アイアンスクエア ブラケット""を壁側と上部に取り付け、そこに棚板を置くだけのシンプルな収納スペースです。

壁側と上部にビス取り付け

09

完成

04.作り付けのベンチの解体

客席の真ん中に備え付けてあったベンチ。客席の見通しを悪くするだけでなく、スペースを無駄にしていました。
そこで今回のDIYでそのベンチを解体することになりました。
まず電動ノコギリやハンマー、バール等を用いて、ベンチを解体。そしてベンチが取り付けられていた床や壁の復旧を行っていきました。
仕上げは"床・腰壁の塗り替え"を塗装屋さんに依頼して完成!

IMG_3551

解体!

IMG_3595

剥がれた板部分を修正

 

IMG_3564

解体後の床に板を貼る

IMG_3573

既存の床に合わせて塗装

05.完成!!

折りたたみ式カウンター
Before
BEFORE2

After
AFTER2

カウンター席の飾り棚
Before
BEFORE3

After
IMG_3541


収納棚
Before
IMG_3134
After 09


作り付けのベンチの解体
Before
IMG_3135

After
IMG_3581

 

じゃーん!完成-!!今回のDIYのこだわりは、"折りたたみ式カウンター、カウンター席の飾り棚、収納棚の取り付け""作り付けのベンチの解体"で店内のスペースの使い勝手を向上させたことです。それぞれ要素の足し算引き算でお店の雰囲気を大きく変えることなく、新たな姿へと生まれ変わりました。

今回のDIYもいかがでしたか?次回は外装DIY編です!みなさんもレッツDIY‼︎

 

からあげ食堂 黒べえ

tel:082-870-3696
住所:広島県広島市安佐南区緑井2-8-16 中通ビル1F
(JR緑井駅から徒歩5分、緑井駅から366m)
営業時間:11:00~21:00(月〜金) 、11:00~17:00(日)
定休日:不定休 ※詳細はお問い合わせ下さい

kurobe

 

用意するもの
 
・材料
スギ集成材

〔 折りたたみカウンター用 〕
D400mm × W1,380mm × H30mm 2枚

〔 カウンター席飾り棚用 〕
D230mm × W1,860mm × H30mm 1枚

〔 収納棚用 〕
D300mm × W590mm × H20mm 1枚



ツーバイ材/金物等


〔 折りたたみカウンター用 〕
折りたたみ棚受け金具(KING DO WAY) 4個
どこでも下地スピードミニ10(高島) 2個


〔 カウンター席飾り棚用 〕
D38mm × W140mm × H220mm 1本
棚受け金物(2×4ツーバイフォー用 90×70) 2個


〔収納棚用 〕
アイアンスクエア ブラケット 2個


共通
・WATOCOオイル(エボニー)
1缶
・刷毛
3本

・工具

電動ドリル、ノコギリ、ハンマー、バール

・材料費

約8万円

・所要時間

約1日(事前の準備・木材の塗装期間は含まず)

 


f.d.c (佐藤 雄紀)
f.d.c (佐藤 雄紀)

f.d.c. [frank design communication] は、 2016年ASTAS発足時に、他分野で活動するデザイナー同士で結成されたデザインチーム。 主にASTASのWebサイトのデザイン・編集・更新を担当。様々なジャンルのプロジェクトや創作活動を行っている。