快適な湿度とは?湿度のコントロール方法も紹介


 夏場にジメジメと不快な思いをしたり、冬場に室内が乾燥したりといった経験は誰にでもありますよね。人間が快適に過ごすには、湿度が重要なポイントになります。今回は快適な湿度についてと、湿度をコントロールする方法について紹介します。

 

目次
快適な湿度とは?
そもそも湿度とは?
湿度をコントロールしよう
 湿度を下げる方法
 湿度を上げる方法
 調湿建材を使う

湿度を計ろう
まとめ

快適な湿度とは?

 

 快適な湿度は40~60%とされています。より具体的に示すと、快適な湿度は気温と相関があり、

 ・夏:気温 25~28℃ 湿度 50~60%
 ・冬:気温 18~22℃ 湿度 40~50%


が望ましいとされてます。したがって、一年を通して湿度が50%程度に保たれるというのが理想的な状態だと言えます。
 湿度が40%以下になると目や肌、のどの乾燥を感じるようになりますし、インフルエンザウイルスが活動しやすくなります。反対に湿度が60%以上になると、ダニやカビが発生するようになります。

humidity08

 

そもそも湿度とは?

 

 湿度とは、空気中に含まれる水分の割合を表した数値のことです。空気の性質として、高い気温ではたくさんの水分を含むことができるのですが、低い気温では少しの量の水分しか含むことができません。
 同じ気温でも湿度が高いと暖かく感じ、湿度が低いと涼しく感じます。日本では一般に夏季に湿度が高く、冬季に湿度が下がるため、夏はよりジメジメと暑く感じ、反対に冬は乾燥して寒く感じるようになるのです。このように、空気中の湿度の割合によって体感は変わります。

humidity05

 

湿度をコントロールしよう

 

湿度を下げる方法

 ・換気をする

 窓を開けて風を通して湿度を下げましょう。外が雨の場合でも、換気をした方が湿度は低くなります。窓から雨が入り込むようであれば、換気扇をまわしましょう。部屋の入口を開けておくだけでも違いますよ。

《関連記事:換気の適切な回数・時間は?正しい換気方法と換気の効果も紹介》

3180330_s

 

 ・エアコンの除湿や除湿機を使う

 窓が無い部屋で換気ができない場合は、エアコンの除湿機能や除湿機を使用し、湿度を下げるようにしましょう。

humidity06

 

湿度を上げる方法

 ・濡れタオルを干す

 タオルを水に浸して、絞ってから部屋の中に干しましょう。タオルの水分が空気中に蒸散してき、部屋の湿度を上げてくれます。小さなタオルよりもバスタオルなど大きいものを使うことで、より効果が上がります。

《関連記事:【これで解決】部屋干しでも臭わない!臭いの原因~解消方法までを紹介》

humidity01
 ・新聞紙とバケツを使う

 新聞紙をクルクルと巻いて、水の入ったバケツに入れるだけです。新聞紙が水分を吸収し、蒸発することで加湿効果があります。おうちにあるもので簡単にできます。

humidity09
 ・霧吹きを使う

 霧吹きをカーテンなどに吹きかけましょう。水をかけすぎるとカビや結露の原因になりますので注意してください。また、電子機器にも注意しましょう。

《関連記事:もう結露に悩みたくない人必見!原因を知って対策しよう!》

humidity07
 ・加湿器を使う

 加湿器は適切な湿度を自動的に維持してくれます。ただし、加湿器を置く場所はきちんと考えることが大切です。結露を起こしやすい窓側を避け、部屋の中央に設置しましょう。

humidity02

 

調湿建材を使う

 調湿建材は、室内の湿度が高くなるとその湿気を吸って湿度を下げ、乾燥してくると湿気を放出して湿度を上げてくれる機能を持っています。エアコンや加湿器を使うのにくらべて穏やかに湿度のコントロールをしてくれるのが「調湿建材」です。調湿建材には、珪藻土や漆喰、エコカラットプラスなどがあります。
 その中でASTASのおすすめはエコカラットプラスデザインパッケージです!エコカラットプラスはリビングや寝室、子ども部屋はもちろん、洗面やトイレ、玄関にも使え、湿気だけでなくニオイを低減してくれる優れものです。

《関連記事:エコカラットプラスデザインパッケージ Q&A》
商品:エコカラットプラスデザインパッケージ

 
リビング

 

湿度を計ろう

 

 湿度を人間の肌感覚で計ることは難しいです。特にエアコンで常に気温がコントロールされているような室内では、湿度に対して鈍感になってしまいます。そこで湿度計を使って快適な湿度を管理しましょう。


 湿度計の正しい置き場所

 室内の気温や湿度は、窓辺やドア付近などの影響を受けやすい場所以外なら同じ部屋の中でもそれほど差はありません。ただし、床付近と天井付近ではかなりの差があるので、例えばリビングなら窓辺やドアから離れた壁で、確認しやすい場所に置きましょう。
 また、座ったときに腰の位置にくるくらいの高さ、あるいは目線より少し下(床より50cmから80cm)くらいが体感湿度に近いため、設置場所には最適です。

humidity03

 

まとめ

 

 今回は“湿度”について紹介しました。湿度は上がり過ぎても下がり過ぎても悪影響を及ぼします。湿度を上手くコントロールして、一年中住みやすい快適なおうちにしましょう。

 


ASTAS
ASTAS

明日(アス)に「+(タス)」ヒントがここにある。 アスタスは「住空間に関わる全てを提案する」ことをコンセプトに掲げ、建築、インテリア、ガーデン、アートのスペシャリストが集いスタートした「住空間提案サイト」です。