オフィスをお手軽DIY。簡単作業でここまで便利に変わる!


この度、わたしたちASTASは事務所を移転しました!
事務所の移転に合わせて新しいオフィスのインテリアを自分達でつくってみました!

00.事前準備

今回はオフィスのメインとなる作業スペース、応接スペースを、パーティション飾り棚でつくっていきます。
前回のDIYと同様に事務所のレイアウトを作成するにあたって、あらかじめ"部屋の大きさ"、"天井の高さ"を調べ簡単な設計図をつくります。 更にイメージをより具体的にするため、内観のCGも作成しました。
※ASTASでは模様替え等のご依頼の際、このようなイメージをもとにご提案させていただきます。少しは参考になるでしょうか?

diyの予想レイアウト図面

今回のポイントは3つ。
・作業スペースと応接スペースの分け方(パーティション、飾り棚)
・フレキシブルな空間の使いかた(パーティションのロールカーテン)
・外部からのオフィスの見え方(格子状のツーバイ材)

事務所のdiyの予想パース

今回は引っ越し作業と平行して制作を行うため、行程を2回に分けて行いました。

≫DIYの流れについて紹介した記事はコチラ

01.下書きを書く

下書きの前に木材の確認はしっかりと。木は生きているので、全体が反っていたり節が多かったりとしっかり個性があります。初心者の方は特に反っていると難しいので、できるだけまっすぐなものを選ぶといいと思います。
木材を確認したら、制作した設計図をもとに、柱となるツーバイ材へ金物を取付ける位置を鉛筆で下書きしていきます。この辺りは前回のDIYと同じです。基本の作業ですね。

寸法の下書きをする男性

02.棚受け金物の取付

下書きした位置をもとに、柱と棚板をつなぐ棚受け金物を取り付けていきます。ビスが上手く入らないときは、少しドリルで下穴を開けるとスムーズにできます。

diy 電動ドリル ツーバイ材 棚受け金物
diy 電動ドリル ツーバイ材 棚受け金物
diy 電動ドリル ツーバイ材 棚受け金物

03.パーティションの柱を作成

最初にパーティションから作成していきます!

今回も前回のDIYで使用した"ラブリコ"を選定。これは部屋にツーバイ材を柱として立てることができるDIYグッズです。これを柱の頭に被せて天井と床を突っ張ることで新しい柱になります。

diy ラブリコ

04.パーティション用の棚板を取付ける

パーティション側の全ての柱を立て終えたら、棚板を取付けていきます! 今回のこだわりは、棚板の幅。一番上の板幅は柱と同じW90mm、2段目から棚板の幅をW140mmとして間仕切りとしてだけでなく飾り棚としても活用できるようにしました。

diy 棚板と仕切り
diy 本棚とパーテーション

05.パーティションにロールカーテンを取付ける

一番上の棚板にはロールカーテンを取付けていきます!やり方は板の側面にアタッチメントを取り付けるだけ!意外と簡単にできます。このロールカーテンを上げ下げすることで、応接スペースと作業スペースを場面に応じて分ける事が出来ます。ここまでで第1段階は終了!立派なパーティションが出来上がりました! ちなみにパーティションの棚は、ここでは応接スペースに向けて、商品のPRスペースとして利用しています。お客様が来られた時はロールカーテンを素早く引いて応接スペースを作りますが、どうしても人数が多い時はパーティション越しに座ることも。臨機応変に対応できるところがロールカーテンの強みです。

diy ロールカーテン取付け
diy ロールカーテン取付け

06.飾り棚の柱と棚板をつくる

第2段階開始!飾り棚を作成していきます。 飾り棚側も行程04.までと同じように、棚受け金物をつけた柱を立て、棚板を取り付けていきます。こちらもポイントは棚板の幅!飾り棚の下から2段目までの棚板の幅はW235mmとパーティションより広くとり、しっかりと収納できるようにしました。広くしたことでプリンターまで置けるように!

さらに一番奥の部屋の入り口側の棚板を斜めにカットして、通り抜けをスムーズにできるようにしました。ちなみに給湯室側の棚は1つあけてあります。なぜでしょう?答えは……次の工程で!

diy 棚
diy 棚飾り

07.飾り棚にコートハンガーを作成

棚板を取り付けなかった理由は…コートハンガーです!先ほど斜めにカットした給湯室側の棚板の裏面に、アイアンバーを取付けます。これを取り付けるだけであっという間にコートハンガーの完成です!スタッフたちがそれぞれの服をかけています。

diy 電動ドリル ハンガー
diy ハンガー掛け

08.完成!!

Before
diy before
After diy 事務所完成

じゃーん!両方とも完成!!今回のD.I.Yのこだわりは、2つのスペース(作業スペース、応接スペース)をツーバイ材を使用したパーティションで分けたり、飾り棚をつくることで、オフィス全体を統一感のある木の空間!木の素材感は、オフィス空間にナチュラルで温かみのある雰囲気を与え、居心地の良さだけでなく穏やかな気持ちで仕事にも集中できそうな空間となりました。

diy 事務所 パーテーション

更にロールカーテンの操作による空間の変化、棚板の幅を変える等木材を様々に加工することによって、用途やシーンごとに使い方を変えられる。自由自在なオフィスになりました!

diy ロールカーテン パーテーション
外観diy ASTAS 外観

diy ASTAS 外観

今回のD.I.Yはいかがでしたか?みなさんもレッツDIY!

用意するもの
・材料
ツーバイ材

パーティション用 D38mm × W90mm × H2330mm 3本
× H2250mm 1本
× H2060mm 1本

D38mm × W140mm × H850mm 6本
D38mm × W90mm × H850mm 1本
D38mm × W90mm × H1740mm 1本


ロールカーテン W900 × H2200 3本

飾り棚用 D38mm × W90mm × H2330mm 3本
× H2060mm 1本

D38mm × W235mm × H850mm 6本
D38mm × W90mm × H850mm 2本
D38mm × W90mm × H1740mm 1本

アイアンウォールバー W650 1個
棚受け金物(2×4ツーバイフォー用) 31個
40×70(L字) 1個

・工具

電動ドリル

・材料費

約5万円

・所要時間

約2日(事前の準備は含まず)

 


f.d.c (佐藤 雄紀)
f.d.c (佐藤 雄紀)

f.d.c. [frank design communication] は、 2016年ASTAS発足時に、他分野で活動するデザイナー同士で結成されたデザインチーム。 主にASTASのWebサイトのデザイン・編集・更新を担当。様々なジャンルのプロジェクトや創作活動を行っている。