【春夏秋冬】衣替えいつしたらいい?日付と気温を目安に!収納のコツと収納アイテムも紹介


 季節の変わり目は気温が不安定で、何を着ていけばいいのか迷うし、衣替えをいつしたらいいか難しいですよね。今回はそんな春夏秋冬の衣替えのタイミングを日付と気温ごとに、そして収納する際のコツと、あると便利な収納アイテムを紹介しています。ぜひ参考にどうぞ!

 

目次
衣替えいつしたらいい?
・日付を目安にする
・気温を目安にする
収納のコツ
・天気の良い日にする
・「着る服」「着ない服」を分ける
・収納する前に洗濯する
・丁寧にたたむ
・余裕をもって収納する
・防虫剤、乾燥剤を使う
・クリーニングの保管サービスを使う
収納アイテム紹介
・引き出しケース
・布製ケース
・スタッキングボックス
・カバー付収納
まとめ

衣替えいつしたらいい?

3472971_s
  日付を目安にする
 夏服と冬服をいつ切り替えるべきなのか迷うこともありますが、

 ・冬服 → 夏服:6月1日
 ・夏服 → 冬服:10月1日


 が衣替えするタイミングとされています。学校や会社の制服がを実施している時期を参考にすれば分かりやすいですよ!
 ただし、地域の気温によって差があり、例えば北海道では6月中旬と9月中旬、沖縄では5月1日と11月1日となってます。
 気温を目安にする
 季節の変わり目は衣替えのタイミングです。
 そしてその季節の変わり目は、最高気温を目安にして判断しましょう!
服装と気温の関係

春服:15℃~20℃
 最高気温が平均して15℃~20℃の時期になったら、アウターは不要になるので春物に衣替えするのがオススメです。カーディガンなどを軽く羽織るものがあると快適に過ごせますよ。
678436_s

 

夏服:25℃以上
 最高気温が25度を超えるようになってきたら、完全に夏物へ移行してもOKです。25℃未満は長袖と半袖の分かれ目でもあるので、カーディガンなどを持ち歩くようにするといいと思います。
3583821_s

 

秋服:15℃~20℃
 最高気温が15℃〜20℃くらいになってきたら、秋服の出番です。昼間はあたたかく、夕方には肌寒い、気温差がある時期です。長袖とカーディガンやジャケットを持ち歩いて、温度調整できるようにしましょう!
3861664_s

 

冬服:15℃以下
 最高気温が15℃を下回ったら、もう冬です。15℃を下回るようになると、アウターが必要になり、10度を下回るようになれば厚手のコートやジャケットの出番です。冬服の準備をしましょう。
3067358_s

 

収納のコツ

 天気の良い日にする
3705668_s
 衣替えをする日は湿気が少なく乾燥した天気の良い日にしましょう!雨の日や湿気が多い日に服を収納してしまうと、服に虫がついたりカビが発生したりしやすくなります。
 お気に入りの服を次のシーズンに楽しむためにも、晴れの日に衣替えしましょう!

 

 「着る服」「着ない服」を分ける
3518419_s
 衣替えは、不要な服を整理する絶好のチャンスです。これからも着る服と、もう着ない服を分けましょう。片づける服の量を減らすことで、収納スペースも増え、衣替えが楽になりますよ。

 

 収納する前に洗濯する
2327241_s
 着ていない服は収納するだけだと思いがちですが、着ていない服も収納するときは1度洗ってから収納するようにしましょう。着ていない服も長時間クローゼットに放置されていることによって、臭いや虫が付いていることもあり、そのまま収納してしまうと、服が傷んだり、次に着るときの洗濯が大変になってしまいます。
 また、洗濯できない衣類はクリーニングに出すようにしましょう!

 

 丁寧にたたむ
3871230_s
 衣類を適当に収納すると、次に着るときにシワになってしまいます。そうならないためにも、シワにならないように丁寧にたたんでいきましょう。

 

 余裕をもって収納する
732138_s
 丁寧にたたんだ衣類は余裕をもって収納するようにしましょう!ぎゅうぎゅうに収納してしまうと、せっかく丁寧にたたんだのにシワや形崩れの原因になりますよ。

 

 防虫剤、乾燥剤を使う
防虫剤
 もしもの時に1つの収納場所に防虫剤と乾燥剤を入れておけば、虫やカビから服を守ってくれます。ただし、防虫剤と乾燥剤には有効期限や個数に制限があるので注意しましょう!

 

 クリーニングの保管サービスを使う
294114_s
 もしクリーニングに出した際に、長期間保管をしてくれるというサービスをしているところもあります。自宅で、カビや湿気、温度などを気にして保管するよりも、しっかりとした環境で保管をしてくれるので衣類が傷みません。
 自宅の収納スペースに不安がある場合にも、保管サービスを使えば場所を取りませんよ。

 

収納アイテム紹介

  引き出しケース
 引き出しケースは出し入れがしやすいので、着る頻度の高いアイテム向きです。また、同じ型の引き出しケースをそろえておけば、中身の引き出しを入れ替えるだけ衣替えができて便利ですよ。
LFS-854_1

簡易組立チェスト4D
サイズ:幅48×奥行34×高さ77(cm)
品番:LFS-854
価格:¥ 8,756 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

lfs-374na

リリー チェスト4D
サイズ:幅34×奥行36×高さ86(cm)
品番:LFS-374NA
価格:¥ 6,191 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

  布製ケース
 ケース自体が軽く傷みにくく軽いため、高い位置へ収納するのに適しています。大きなサイズを選ぶと、重量がかさんで持ち運びが大変になるので、出し入れのしやすさを優先し、小さいサイズを複数個選ぶようにしましょう!
fkk-212gy

バスケット
サイズ:幅38×奥行26×高さ23(cm)
カラー:ブラック
品番:FKK-212GY
価格:¥ 3,451 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

AKSET-09BE

ソフトバスケット角型 3個セット
サイズ:S/幅30×奥行21×高さ18(cm)
M/幅35×奥行26×高さ20(cm)
L/幅41×奥行31×高さ22(cm)
カラー:ベージュ
品番:AKSET-09BE
価格:¥ 4,442 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

  スタッキングボックス
 スタッキングボックス(積み上げ収納)は使用頻度の低いものを入れましょう。 キャスター付きであれば、スムーズに出し入れできるので便利ですよ。
LFS-441GY_6w

スタッキングトレーボックス
サイズ:幅33×奥行41×高さ20(cm)
カラー:グレー
品番:LFS-441GY
価格:¥ 5,433 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

AKB-439BK_4

スタッキングワゴン
サイズ:幅26.5×奥行37.5×高さ95(cm)
カラー:ブラック
品番:AKB-439BK
価格:¥ 7,299 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

  カバー付収納
 埃をかぶせたくないものには、カバー付収納がおすすめです。お気に入りの衣服や、大きくて嵩張るものを入れましょう!
lfs-378a

ファブリックシェルフ
サイズ:幅45×奥行30×高さ113(cm)
カラー:ブラック
品番:LFS-378A
価格:¥ 6,716 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

lfs-378b

ファブリックシェルフ
サイズ:幅45×奥行30×高さ113(cm)
カラー:ブラック
品番:LFS-378B
価格:¥ 6,716 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

まとめ

 季節の変わり目は体調を崩す人も増えますので、日付にこだわらずに、体調や天候も考慮して衣替えの日を決めてくださいね。きちんと時間のある日に衣替えをして、次のシーズンもお気に入りの服を着られるように大切に収納しておきましょう!

 

関連記事
▶︎ 換気の適切な回数・時間は?正しい換気方法と換気の効果も紹介
▶︎ 【つらい花粉症に】屋外・屋内の花粉対策!役立つアイテムと花粉症を起こす植物についても紹介
▶︎ 快適な湿度とは?湿度を上げる・下げる方法も紹介
▶︎ 【これで解決】部屋干しでも臭わない!臭いの原因〜解消方法までを紹介
▶︎ 現場のプロが教える!屋外の作業時に知っておきたい熱中症対策6選
▶︎ 【解説】五月病とは?コロナで増加の可能性?原因・症状・予防方法・対処方法について紹介

 


ASTAS
ASTAS

明日(アス)に「+(タス)」ヒントがここにある。 アスタスは「住空間に関わる全てを提案する」ことをコンセプトに掲げ、建築、インテリア、ガーデン、アートのスペシャリストが集いスタートした「住空間提案サイト」です。