3月3日は雛祭り。今更聞けない基礎知識から由来まで!


 

3月3日といえば「雛祭り」ですよね。雛人形を飾るなど『女の子のための祭り』というイメージはあっても、結局どんな祭りか知らない人も多いのではないでしょうか?
 そこで今回は、今更聞けない「雛祭り」について、基本知識から由来までを詳しく紹介していきます。お子さんに聞かれてもコレでばっちりです!

 

1.雛祭りの由来って?

2d4a1e5aab3e2baee516b3516c1b70a8_s
  雛祭りの由来は諸説ありますが、中国の文化である「上巳(じょうし)の節句」が平安時代の頃の日本に伝わってきたという説が有力です。
季節の節目を意味する「節」のころは、昔から邪気が入りやすいとされており、中国では川で身を清める習慣がありました。それに習い日本では、紙などで作った人形に自分の災厄を移して海や川などの水に流すことで、邪気を祓う「流し雛」が行事として広がっていきました。
またその頃の貴族の子どものあいだでは、「雛あそび」呼ばれる現在でいう「おままごと」のような人形遊びが流行していました。
この「流し雛」「雛あそび」が時代とともに結びつき、江戸時代には現在の「雛祭り」になったとされています。
 また、雛祭りが3月3日に定められ、女の子の健やかな成長と幸せを願う日として定着したのもこの頃だといわれています。
  ちなみに、ひな祭りは「桃の節句」とも言われますが、これは中国の上巳の節句で桃の花が使われていたからです。中国では桃の花に長寿や魔除けの力があるとされていました。

 

2.雛飾りの意味は?

  ここでは雛壇に飾る人形や料理などの「雛飾り」の種類や意味について紹介します。
ひとつひとつの飾りには、女の子の幸せを願う想いが込められています。
  雛人形

・内裏雛(だいりひな)
 
男雛(おとこびな)と女雛(おんなびな)がセットで、天皇と皇后を表しています。
 1349819
 ・三人官女(さんにんかんじょ)

宮中に仕える女官を表し、向かって右から、長柄銚子(お酒を注ぐための酒器)、三方(盃が乗っている台)、銚子(長柄銚子にお酒を注ぐための酒器)を持っています。
1349821
 ・五人囃子(ごにんばやし)

能のお囃子(はやし)を奏でる楽人を表し、向かって右から、謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓を持っています。
1349825
 ・随身(ずいしん)

通称「右大臣」「左大臣」呼ばれ、向かって右が左大臣で年配者、向かって左が右大臣で若者です。
1349829
 ・士丁(しちょう)

従者と護衛を表します。関東では主に向かって右から、立傘、くつ台、台傘を持ってお供としての役割を担います。関西では主に向かって右から、ほうき、ちりとり、熊手をもって宮中の清掃の役割を担っています。また、怒り・泣き・笑いの表情から三人上戸(さんにんじょうご)と呼ばれることもあります。
※段数が増えると他の人形が置かれることもあります。
1349827

 

  料理

 ・菱餅(ひしもち)

菱餅は赤・白・緑の三色の菱形のお餅です。
「赤」は厄を祓う桃の花を表しています。「白」は清浄を表し、残雪を模しています。「緑」は春先に芽吹く蓬(よもぎ)の新芽によって穢れを祓い、萌える若草に喩えています。
菱形の形に関しては諸説あり、大地を表すという説や、菱の繁殖力の高さから子孫繁栄を願ったという説、菱餅の形は心臓をかたどったものという説もあります。
a7d7a9a30b07169c616e220e2e3df027_s
・雛あられ

雛あられは4色でそれぞれ四季を表していると言われています。
  ・緑→春
  ・ピンク→夏
  ・黄→秋
  ・白→冬
7db6a39d15d7eed4a7f2010c732f5622_s
 ・白酒(しろさけ)

白酒は江戸時代から雛祭りのお供えとして扱われるようになりました。室町時代から桃の花を浸した酒を飲んでいたものが変化したと伝えられています。
0263ce8b4bc343876d80eb0554e7554e_s
 ・ちらし寿司

ちらし寿司に入っている具が縁起物であり、エビは長寿、レンコンは見通しが良い、豆は健康でマメに働く、菜の花は春らしさの演出など具材ひとつひとつに意味があります。
また、様々な具材を混ぜ合わせて作り、将来食べるものに困りませんようにという願いが込められています。
894c35b6b259a054f814af1cd13115b8_s

 

3.雛人形はいつからいつまで飾る?

ひな人形
  雛祭りは春の節句です。なので飾り始めるタイミングは春の訪れを告げる立春がベストです。遅くとも、雛祭りの1週間前までには飾り付けを済ませましょう。
 
片付けるタイミングですが、雛祭りから約2週間を目安にし、 新暦の3月の中旬頃までが良いでしょう。 旧暦なら4月中旬くらいまでが目安です。
また片付けは、湿度が低くカビやシミになりにくい、天気の良い日がオススメです。 

 

4.まとめ

日本の伝統的な行事として誰もが知っている「雛祭り」ですが、由来や意味を知ることでより楽しめますよね。
「女の子が幸せでありますように」という願いが込められている素敵な行事なので、今年の3月3日はぜひお祝いしてみてはいかがでしょうか。

 


ASTAS
ASTAS

明日(アス)に「+(タス)」ヒントがここにある。 アスタスは「住空間に関わる全てを提案する」ことをコンセプトに掲げ、建築、インテリア、ガーデン、アートのスペシャリストが集いスタートした「住空間提案サイト」です。