INAXタイルカタログの特徴はズバリ、『○○のためのデザインタイル』!!


2019年INAXタイルの傾向と特徴 part.1
日本を代表する建材メーカー LIXIL。
そのLIXILから「タイルのINAX」としてのブランドを確立すべく、INAXブランドのタイルカタログが発行されはじめて2年になりました。
昨年は『内装機能建材・エコカラット』を前面に出した各種タイルの紹介のためのカタログ、といった印象でした。 が、今年は違います!
特定のターゲットにズバッと刺さる、その人がワクワク、ドキドキ、使いたいな〜と感じてもらえるようなカタログです!
それでは、カタログのカテゴリごとに、その傾向と特徴を見ていきましょう。

lixil_inax2019

 

01.デザイナー向け内装タイル

おしゃれ inax

設計者やアーティストを意識した『デザイナー向け内装タイル』を最初のカテゴリーにいれ、素敵な店舗、大型商業施設などへの提案をしています。
石や木目をイメージした輸入タイルやいろいろな形状のタイル、焼き物を意識したタイルなど力を入れています。

 

02.大型建材

inax タイル施工
2番目のカテゴリーでは『大型建材』として、施工方法、施工材の紹介、厚さを薄くして床にも壁にも使え、そして役物までそろえた、タイルのINAXならではの気配をした内容です。

 

03.外装壁特別注文品

外壁 タイル
タイルのINAXの本質である『外装壁特別注文品』を3番目のカテゴリーで紹介しています。昔懐かしい、そして日本人の大好きなテーストのタイルの紹介をしています。

 

04.内装機能建材・エコカラット

エコカラット タイル
そして、昨年まで最初のカテゴリーを飾っていました内装機能建材・エコカラットの紹介になります。そして今年からエコカラット⇒エコカラットプラスに全て統一して、新たなスタートをきります。

 

今回はここまでにして、次回からはカテゴリーの紹介をもう少し詳しくしていきます。お楽しみに!!




ASTAS
ASTAS

明日(アス)に「+(タス)」ヒントがここにある。 アスタスは「住空間に関わる全てを提案する」ことをコンセプトに掲げ、建築、インテリア、ガーデン、アートのスペシャリストが集いスタートした「住空間提案サイト」です。