Lemnosの時計選び


新年度になり、新しい場所で新しい生活を送り始める時期となりました。
家具や家電を揃えるように、時計もお部屋になくてはならないアイテムです。
色や素材、デザイン次第でお部屋の印象も変える時計。カーテンやソファを選ぶ際にはもちろんデザインも大切ですが、その素材もお部屋に合わせて選んでみませんか?

「Lemnos(レムノス)」の掛け時計、置き時計は素材にもこだわって作られており、様々なデザイナーと共に素材の魅力を生かしたデザインの時計を多く製作しています。
今回は素材別にLemnosの時計をご紹介したいと思います。

 

‖ 木

 

Lemnos 掛け時計
シンプルでスタンダードな木の素材の時計。
美しい木目が温もりを感じさせてくれます。
木製家具が多い部屋であれば相性は抜群ですね。
LemnosのClock(A B C)シリーズは文字盤も大きいためシンプルで見やすいのが特徴。色はナチュラルとブラックがあり、家具の色味に合わせて選べます。

 

‖ プライウッド


 

Lemnos 掛け時計 プライウッド
プライウッドとはいわゆる合板の事です。
薄い木材を1枚ずつ交互に角度をつけて貼り合わせたプライウッドは、何重にも木を重ねたことにより高い強度を誇ります。また、曲げ木加工がしやすく、無垢材では作りづらい形状のデザインも可能になります。
Lemnosの時計には、このようなタンバリンのフレームと同様の円環状のプライウッドを使用した時計が多くあります。
正面から見たときのエッジ部分の層も美しい仕上がりです。
"AWA CLOCK SOSO"の文字盤はどこか落ち着く印象がある色合いです。どのような環境にも馴むよう、自然に存在する色合いを意識して使用されているとのこと。派手にはしたくないけれどもアクセントカラーを取り入れたい、というときにもおすすめです。

 

‖ スチール


 

Lemnos 掛け時計 スチール

今回並べた4つはどれもプロダクトデザーナー「渡辺 力」の作品です。
1970年に発売されたパーソナルクロックの先駆けとも言える"小さい壁時計"は、小さいながらも厚み72㎜で強い個性を発揮しており、この奥行きを生かしたスチールフレームの豊富なカラーバリエーションと、美しい影をつくる立体的なレリーフ文字の組み合わせが、モダンだがどことなく懐かしい雰囲気をかもし出します。
"RIKI STEEL CLOCK"はシンプルで繊細なデザインでありながら、マットな質感が落ち着きを感じる名作です。クールなインテリアやオフィスなどにもフィットします。

 

‖ アルミニウム


 

Lemnos 掛け時計 アルミニウム
まず見た目にアルミの素材感が強い"edge clock"。アルミ一体成型の豊かな品質とシンプルで力強いデザインが特徴です。アルミの素材感と丁寧に磨き上げられたインデックスが美しく融合され、シャープな印象を与えます。 また鋳肌にサンドブラストされた表情は、コンクリート打放しなどの壁面に掛けても見劣りのしないものとなっています。
無機質な素材をつかいながら温かみのある木材を表現したcubeも面白い時計です。その木目で時間の経過そのものを示唆しています。

 

‖ 磁器


 

Lemnos 掛け時計 磁器
磁器そのものの素材感が美しい作品。なだらかな凹凸が静かでやわらかな陰影を生みだしています。思わず手で触れたくなるような作品で、クロックと言う機能を超えて気品と美しさを感じる芸術品でもあります。
特殊加工したセラミック素材を用い、マットで独特な質感を持つ時計に仕上がっています。枠は日本でも有数の陶磁器メーカーで、1つ1つ職人さんの手によって作られています。
狂いのないフラット面やシャープなエッジを再現するのはとても難しく、高度な技術が要求されます、商品化までには何度も試作を重ね、多くの時間を費やして完成させたものです。
真っ白な壁に真っ白な時計。インテリアの一部としても飾りたい時計です。

 

‖ ABS樹脂


 

Lemnos 掛け時計 ABS

加工性が良いため、様々な加工や塗装が可能な素材です。最近では3Dプリンタ製品でも加工性が良いためにABS樹脂が多く採用されています。
"dandelion"は数字の代わりにタンポポ(=dandelion)の綿毛の本数によって時刻を伝える掛け時計です。綿毛がふわふわと風に舞い散るように、流れ続ける時を表現しています。
シンプルかつ斬新なデザインの"HOLA"。1本しかない針は長針を表し、内側の円盤の丸が短針を表します。カラーも色々選べます。

 

‖ 珪藻土


珪藻土 Lemnos 掛け時計

珪藻土の時計

自然素材である珪藻土を使用し、日本の伝統技能のひとつである左官の技術を用いてつくられた置時計です。
ふっくらとした、土で作られた厚みのある形状は、手で触れると素材の柔らかさと温もりを感じられます。
ぬくもりあるデザインで、モダンな空間を飾る自然素材のインテリアとしても、和室にもよく似合います。
天然の心地よい風合いを感じる一品です。

 

‖ エースライト


人造木材「エースライト」は、従来の有機質ベースのものと異なり、けい酸カルシウムの結晶であるゾノライトを主成分とし、合成樹脂・ガラス繊維などから成る無機質ベースの成型のため、色は木調ではなく白い色をしています。
文字盤から文字を彫刻刀で彫り取ったような印象を与えるこの時計は、グラフィックをフォルムとして扱うことを試みています。
彫り込まれた文字の落とす陰影が文字盤に立体感を与えるため、時間の経過や周辺の光の変化で見え方も変化する面白い時計です。

 

‖ ガラス



シートグラスにカラフルなカラーの印刷を施した時計です。
シートグラスの厚みと印刷によって作られた影を利用して文字を立体的に見えるようにしています。
『時も数字が大きくなったり小さくなったりする』『月も満ち欠けを繰り返す』 時と月の変化に共通点を見出し、時の世界にぽっかりと浮かんだ薄い三日月をイメージした時計です。

 

‖ 銅


デザイナー渡辺力の100歳を記念して、彼の最も愛する金属、純銅の枠で製品化しました。
銅は本来経年劣化がありますが、こちらの銅の表面には特殊なコーティングが施され、使用当初のきらびやかな素材が持つ魅力をいつまでも感じることができます。
重厚感と思わず惹き込まれるような澄んだ美しさをご堪能ください。

 

壁にかける時計の素材により、部屋の雰囲気も変わります。
大きさやデザイン、カラーと共に素材にも目を向けて選ぶとまた楽しいと思います。
新生活で、取り合えず家具家電は揃えても、時計は二の次になりがちです。新生活を始めた家族や友達へのギフトに時計を選んではいかがでしょうか。

 







Lemnos 掛け時計

時計は、時を刻み、そして空間をつくりだす。

ときには凛と佇む花のように、ときには光り輝く宝石のように。
毎日なにげなく、何度も目にするものだからこそ、あなたのいる空間を豊かにする存在であってほしい。

この思いを大切に、Lemnosは多くの著名デザイナーとプロジェクトを組み、数々の名品を発売してきました。
Lemnosのプロダクトは、職人の研ぎ澄まされた手の技によって支えられています。
素材と対話し、その素材が持つ魅力を最大限に引き出す。
その結果、移りゆく時間とは裏腹に時が経っても色あせないデザインが生まれる。
革新的なデザインと国内で丁寧に作られたプロダクトはグッドデザイン賞をはじめ、国内外で数々の賞を受賞し、高い評価を得ています。

Lemnosは、革新的で、かつ永続的な美しさを提案し続けます。

ASTAS
ASTAS

明日(アス)に「+(タス)」ヒントがここにある。 アスタスは「住空間に関わる全てを提案する」ことをコンセプトに掲げ、建築、インテリア、ガーデン、アートのスペシャリストが集いスタートした「住空間提案サイト」です。