【保存版】快適に部屋干しするための「コツ」を徹底解説!便利なグッズも合わせて紹介


 花粉や梅雨などの季節に合わせて、また「夜しか洗濯できない」「防犯のため」などの理由から、部屋干しをしている人も多いのではないでしょうか。時間や天候を気にせずいつでも干せるのがメリットですが、その一方で「生乾き臭が気になる」「生活スペースが狭くなる」といった悩みも出てきますよね。
 そこで今回は、より上手に部屋干しするためのコツを、手順に沿ってじっくりと解説していきます。また、部屋干しに便利なアイテムもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

 

目次
◯部屋干しのコツを押さえよう
・洗濯前のコツ
 1.洗濯物はカゴに入れておく
 2.洗濯槽のメンテナンスも大事
【豆知識】洗濯槽クリーナーの種類
・洗濯時のコツ
 1.抗菌・防臭効果の高い洗剤を選ぶ
 2.柔軟剤には速乾効果あり
 3.一度に洗う量は少なめに
 4.すすぎには残り湯ではなくきれいな水を使う
 5.衣類を裏返してから洗う
 6.脱水を長めに設定するとなお良し
・干すときのコツ
 1.干す場所選びが重要!
 2.衣類同士はこぶし一つ分の空間をあける
 3.「アーチ干し」で効率的に乾かす
 4.衣類別おすすめの乾かし方
 5.サーキュレーターや扇風機・エアコンなどを活用

◯部屋干しにはメリットがたくさん!
・花粉やホコリ・汚れの付着を防ぐ
・紫外線による変色や日焼けを防ぐ
・天気や時間を気にせずいつでも干せる
・防犯面でも安心

◯部屋干しを手助けしてくれるアイテム
・洗濯カゴ
・折り畳めるバケツ
・室内用物干し
・ハンガー
・除湿機
・サーキュレーター

◯室内用物干しなら「ホシ姫サマ」が断然おすすめ!

◯ASTASの「かんたん工事セット」で快適な部屋干し空間を手に入れよう

 

 

部屋干しのコツを押さえよう

 部屋干しで特に意識したいことは、

 「しっかり汚れを落とす」
 「できるだけ早く乾かす」

 の2点です。ここでは「洗濯前→洗濯→干す」という基本的な流れに沿いつつ、それぞれの手順ごとに取り入れたいコツを詳しく解説していきます。

 

洗濯前のコツ
 洗う前の衣類やタオルは、最も雑菌が繁殖しやすい状態です。できるだけ早く洗濯することが望ましいのですが、やむなく数日放置する場合は、一旦ハンガーに干すなどして湿気を溜め込ままないよう工夫してみてください。

 

 1.洗濯物はカゴに入れておく
洗濯カゴ
 洗濯前の衣類やタオルは洗濯槽に貯めるのではなく、「洗濯カゴ」を用意してその中に入れる習慣をつけましょう。カゴは通気性が良く、洗濯物がどれくらい貯まっているのか一目で分かるデザインがおすすめです。
 洗濯カゴを用意した方が良い理由は、洗濯物を洗濯槽に放置すると、通気性が悪いため雑菌が繁殖しやすく、その結果として生乾き独特の嫌な臭いが発生してしまうからです。さらに、洗濯槽内でカビが繁殖するのを防ぐという目的もあります。

 

   2.洗濯槽のメンテナンスも大事
洗濯槽
 洗濯槽は常に湿度が高く、非常にカビが繁殖しやすい場所といえます。洗濯槽内にカビが多い状態で洗濯してしまうと、剥がれおちたカビが衣類やタオルなどに付着することもあります。いくら良い洗剤を使っても、このままではキレイになりませんよね。

 そのような理由から、洗濯槽は定期的に掃除する必要があります(1〜2ヶ月に1回程度)。洗濯槽クリーナーを使えば簡単に掃除できるので、ぜひ試してみてください。

 

 

【豆知識】洗濯槽クリーナーの種類
①酵素系クリーナー
 肌や衣類に優しく、子供がいるご家庭でも安心して使えるのが魅力です。ただし、剥がれ落ちた洗濯槽内の汚れ・カビを取り除く手間と時間がかかります。

②塩素系クリーナー
 殺菌力が強く、カビを分解し除去するので「洗濯槽洗浄コース」または「標準コース」ボタンを押すだけで掃除が完了し、手軽にできるのが魅力です。ただし独特の匂いや肌への刺激が強いため、注意が必要です。

 


洗濯時のコツ
洗濯機に柔軟剤をいれる
 洗濯時は、とにかくしっかり汚れを落とし切ることが重要です。より効率的に汚れを落とすコツを6つご紹介します。

 1.抗菌・防臭効果の高い洗剤を選ぶ
 まず大切なのは、抗菌・防臭効果の高い洗剤を選ぶということです。最近は「部屋干し用洗剤」もいくつか販売されているので、お店やネットで探してみてください。

 

 


 2.柔軟剤には速乾効果あり
 あまり知られていませんが、柔軟剤には”洗濯物を早く乾かす”効果があります。乾くまでの時間が短ければ短いほど雑菌の繁殖を防ぐことができるので、柔軟剤は部屋干しに欠かせない優秀なアイテムです。

 

 


 3.一度に洗う量は少なめに
 洗濯槽に洗濯物を詰め込みすぎると、汚れが残る大きな原因になります。ライフスタイルやその時の状況にもよりますが、なるべくこまめに洗濯するようにしましょう。
 また洗濯の際には”適量”の洗剤を使うことで、より洗浄効果を高めることができます。

※注意※
洗剤の入れすぎは、洗濯機が故障する原因の第一位です。
「洗剤を多く入れる=キレイになる」というわけではないので、必ず適量を入れるようにしてください。

 

 4.すすぎには残り湯ではなくきれいな水を使う
 洗濯の最終段階である「すすぎ」には、残り湯ではなくきれいな水を使いましょう。残り湯には汚れや雑菌が含まれており、洗濯の仕上げに使う水としては適していません。残り湯を洗濯に使いたい場合は、「洗い」での使用がおすすめです。

 

 5.衣類を裏返してから洗う
 衣類を裏返して洗うと、肌に直接触れる箇所をしっかり洗浄できます。ちょっとしたことですが汚れ落ちが全然違うので、ぜひ一度試してみてください。

 

 6.脱水を長めに設定するとなお良し
 「脱水」を洗濯機でしっかり行うことで、洗濯物が乾くまでの時間をグッと短縮できます。乾いたバスタオルを一緒に入れると、より脱水効果が高まりますよ。

 

 

干すときのコツ
 洗濯物がいつまでも乾かないと、雑菌が繁殖してすぐに生乾き臭がしてしまいますよね。この生乾き臭は、洗濯物を干して5時間以内に乾かせばほぼ防ぐことができるといわれています。そのためには、空気の流れを意識することが非常に大切です。

 

 1.干す場所選びが重要!
広い場所で干す洗濯物
 部屋干しをするときは、周りに十分な空間がある場所で行いましょう。カーテンレールや壁沿いに洗濯物を干すのは、空気が通らないだけでなく、衣類やタオルなどに部屋の汚れが付着してしまうためおすすめできません。
 また湿った空気は低い場所に溜まる性質をもつので、なるべく高い位置に干すのが理想的です。

 

 2.衣類同士はこぶし一つ分の空間をあける
間隔を開けて干す洗濯物
 洗濯物を干すときは衣類同士はくっつけずに、こぶし一つ分離してゆったりと干しましょう。こうすることで空気の通り道ができ、素早く乾かすことができます。

 

 3.「アーチ干し」で効率的に乾かす
アーチ干し
 物干し竿の外側に長いものを、内側に短いものを干す方法を「アーチ干し」といい、効率的に洗濯物を乾かす方法としてよく知られています。
 アーチ干しをすると、乾きづらい下側の部分に空気の流れができるため、バラバラに干すよりも早く湿気を飛ばすことができますよ。

 

 4.衣類別おすすめの乾かし方
襟を立てて干す洗濯物
 生地が重なっている箇所は特に乾きにくいので、ちょっとしたコツを使いましょう。

・襟のあるシャツ:ボタンは外して、襟を立てて干す
・パンツやスカート:筒状になるように干す(折り畳まない)
・フード付きのもの:フード部分を物干し竿の端に引っ掛ける、洗濯バサミで広げるなど
・バスタオルなど大きいもの:ピンチハンガーを使いジグザグに干す、両端をずらして干す
・Tシャツなど薄いもの:ひっついている部分は剥がす、干す前にアイロンをかける

 

 5.サーキュレーターや扇風機・エアコンなどを活用
扇風機で乾かす洗濯物
 干す場所が狭い・湿気が多いなどで乾きが遅い場合は、サーキュレーターや扇風機・エアコンなどで風を当てると効率的です。また同時に、除湿機やエアコンの除湿機能を使って湿気を取り除いてみてください。ご自宅に無い場合は、洗濯物の下に新聞紙や除湿剤を置くだけでも十分効果があります。

 

 

屋干しにはメリットがたくさん!

 部屋干しには多くの良い点があり、上手な部屋干しをマスターすれば日々の洗濯がとても楽になります。ここでは改めて、部屋干しのメリットをみていきましょう。

 

花粉やホコリ・汚れの付着を防ぐ
花をかむ女性
 花粉や埃アレルギーの人にとって、「外気に触れず洗濯物が干せる」というのは部屋干しの大きなメリットですよね。他には黄砂や鳥のフンなどの付着も一切ないので、安心して乾かすことができます。

 


紫外線による変色や日焼けを防ぐ
黄色いTシャツ
 太陽光が衣類に直接当たると、紫外線の効果で色褪せや変色が起きてしまうことがあります。その点部屋干しは、大切な衣類をきれいな状態で保ちやすいといえるでしょう。特にお気に入りの洋服や繊細な生地でできた洋服は部屋干しをおすすめします。

 


天気や時間を気にせずいつでも干せる
天気が悪い日の洗濯物
 外出先で突然雨になっても、夜中しか洗濯物を干せなくても、部屋干しであれば全く問題ありません。ライフスタイルに合わせやすいのも、部屋干しの持つ魅力の一つです。また、強い風に煽られて洗濯物が落下してしまった…というハプニングも防ぐことができます。

 


防犯面でも安心
ベランダが見える建物
  部屋干しは「洗濯物が他人に見られる」という心配がないので、一人暮らしの女性や子供のいるご家庭でも安心です。特に、隣の建物やベランダとの距離が近い、1階に住んでいるなどの場合には、防犯のため意識的に部屋干しすることをおすすめします。

 

 

屋干しを手助けしてくれるアイテム

除湿機で洗濯物を乾かす
 快適に部屋干しを行うためのお助けアイテムを揃えてみました。気に入ったものがあれば、ぜひ取り入れてみてください!

 

洗濯カゴ
 通気性がよく持ち運びに適した洗濯カゴがあれば、毎日の洗濯が少し楽しくなります。インテリアに馴染むシンプルなものがおすすめですよ。

 

 


折り畳めるバケツ
 洗濯物のつけ置きに使えるバケツは、必要なときだけ使える折り畳み式がとても便利です。

 

 


室内用物干し
 洗濯物の量や室内の広さに適した大きさのものを選ぶのがコツです。こちらも折り畳んでコンパクトに収納できるものを選びましょう。

 

 


ハンガー
 シーツ用・バスタオル用・シューズ用など、洗濯物の種類別に様々なタイプのハンガーが販売されています。専用のものを使うと、簡単に素早く乾かすことができますよ。

 

 


除湿機
 部屋の湿気をとってくれる除湿機は、部屋干しだけでなく色々な場面で役立つ優れものです。スタイリッシュでコンパクトなデザインがたくさん揃っています。

 

 


サーキュレーター
 サーキュレーターを取り入れると、室内でも簡単に空気の流れを作り出すことができます。静音タイプを選べば、作業中でも気になりません。

 

 

 

 

室内用物干しなら「ホシ姫サマ」が断然おすすめ!

ホシ姫サマ
 室内物干しで特に最近注目されているのが、パナソニックの室内物干しユニット「ホシ姫サマ」です!天井や壁から吊るすタイプなので周りにしっかり空間が取りやすく、高所に干すことで湿気もたまりにくいため、洗濯物を効率的に乾かすことができますよ。
ホシ姫サマ
 使い方は、部屋干しするときだけ天井からサッと下ろして、使わないときは収納するだけです。物干し竿の高さは操作ひもで調節することができるので、誰でも簡単に使いこなせます。洗濯物を干す時は手元の高さまで下ろし、干し終わったら位置を高く上げておく使い方がおすすめです。

 スマートでシンプルなデザイン性は、どんなインテリアにも馴染みます。天井に取り付けるタイプと、カーテン上のスペースを有効活用できる壁付けタイプの2種類があり、お部屋の状況に合わせて選択可能です。

 

ASTASの「かんたん工事セット」で快適な部屋干し空間を手に入れよう

 ASTASの簡単工事セットなら、パナソニックの室内物干しユニット「ホシ姫サマ」を、本体購入から取付までセットでご注文いただけます。面倒な事前調査は一切なし!さらに施工は、パナソニックグループ会社の者が責任を持って担当いたします。
 「部屋干ししたいけれどスペースがなくて困っている」「部屋干し中もお部屋をすっきり見せたい」といったお悩みにピッタリの「ホシ姫サマ」を、この機会に導入してみてはいかがでしょうか。

ASTAS
ASTAS

明日(アス)に「+(タス)」ヒントがここにある。 アスタスは「住空間に関わる全てを提案する」ことをコンセプトに掲げ、建築、インテリア、ガーデン、アートのスペシャリストが集いスタートした「住空間提案サイト」です。