設置方法や素材で比較!宅配ボックスの選び方!メリット・デメリットも紹介


 ネットショッピングや宅配サービスの利用者は年々増加しており、特に最近注目を集めている設備が「宅配ボックス」です。しかし、宅配ボックスにも色々な種類があって、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。
 この記事では、宅配ボックスのメリットやデメリットと、宅配ボックスを選ぶために注目すべきポイントを詳しく紹介します。購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください!

 

 

宅配ボックスとは

玄関の宅配ボックス.jpg
 宅配ボックスとは、その名の通り宅配便で届く荷物を入れる箱のことです。それなら玄関先に段ボール箱でも置いておけば……なんて思われるかもしれませんが、宅配ボックスは荷物の受け取りに特化した設備のため、大切な荷物を安全に受け取るためのさまざまな機能を搭載しています。
 自宅にいる時間が不規則な人や仕事で帰りが遅くなりがちな人におすすめですよ!

 宅配ボックスを設置することで、どんなメリットとデメリットが考えられるか、具体的にみていきましょう。

 

 

宅配ボックスを設置するメリットとデメリット

 宅配ボックスを設置して得られるメリットとデメリットには、どんなものがあるでしょうか?
 まず、メリットには次のようなものが挙げられます。

 

宅配ボックスのメリット
 1. 宅配便が届く時間を気にせずに済む
宅配を待つ女性
 宅配便の「お届け予定時間」に、行動が縛られてしまうことはありませんか?宅配ボックスがあれば、そのストレスは解消できます!留守中でも荷物を受け取れるので気兼ねなく外出できますし、在宅中もお風呂やトイレへ躊躇なく行けるので、気が楽になります。

 


 2. 非対面で荷物を受け取ることができる
配達員がインターフォンを押す
 配送業者と直接対面せずに荷物を受け取れるのも、宅配ボックスのメリットです。パジャマ姿でゴロゴロしているときに、インターホンが鳴って慌てることもありません。
 コロナ禍で人との接触が気になる昨今、非接触で荷物を受け取れるのもありがたいですよね。

 


 3. 防犯につながる
玄関で宅配物を受け取る女性
 非対面で荷物を受け取ることは、防犯にもつながります。「宅配業者を装った不審者や変質者」に対しドアを開けてしまうことを避けられるため、一人暮らしの女性や子供が居るご家庭には特におすすめです。
 さらに宅配ボックスは施錠が可能なので、届けられた荷物を安全に保管できます。施錠タイプはメーカーや機種によって違うので、よりセキュリティーのしっかりしたものを選ぶと安心ですよ。

 


 4.宅配便の再配達の手間がかからない
不在連絡票
 基本的に一度の配送で荷物を受け取れるので、宅配業者に再配達の依頼をせずに済みます。再配達をお願いするのは、せっかく荷物を持ってきてくれた配送業者に申し訳ない気持ちもしますが、宅配ボックスがあればそんな気遣いは不要です。

 

 

 こうして見てみるとメリットだらけのような宅配ボックスですが、それなりのデメリットも持ち合わせています。次はデメリットを見ていきましょう。

 

宅配ボックスのデメリット
 1. ボックスの設置には一定の場所を取る
宅配ボックス
 宅配ボックスには、地面に置くだけで使える「簡易型」や、ガッチリ固定する「据え置き型」、壁や塀に埋め込む「埋め込み型」などの種類があります。どのタイプを選んでもボックスの設置にはある程度のスペースが必要です。

 


 2. 設置には費用がかかる
3444506_s
 宅配ボックスを設置するには、本体の費用とは別に、場合によっては設置工事の作業料が発生することもあるのでこちらもデメリットかもしれません。

 


 3. 受け取ることができない荷物もある
クール便
 宅配ボックスには 受け取れない荷物もあります。ひとつは、「クール便」で届く荷物です。冷蔵機能の付いた宅配ボックスは、現在のところまだ一般的にはなっていません。
 また、クール便の他にも宅配ボックスに入りきらない 大型サイズの荷物も、宅配業者が持ち帰ることになるでしょう。

 


 4. 盗難の恐れがある
忍び寄る黒い手
 宅配ボックスでもっとも懸念されるのは、盗難の問題ではないでしょうか。
 せっかく届けてもらった荷物を宅配ボックスから盗み出されてしまうケースを避けるには、頑丈でしっかり施錠できる宅配ボックスを選びたいですね。この盗難に関する懸念は、選ぶ宅配ボックスによってはある程度解決ができそうです。

 


さて、次は、実際に宅配ボックスの選び方を紹介していきます。

 

 

宅配ボックスの選び方

 宅配ボックスを設置したいけれど、最初、どのタイプを選ぶべきか迷ってしまうかもしれません。セキュリティと使いやすさを念頭に置いて、設置タイプや素材別で特徴をまとめてみました!

 

設置タイプで選ぶ
 宅配ボックスの設置方法は、大きく分けると2種類です。

 1. 簡易タイプ
 簡易タイプの宅配ボックスは文字通り工事も不要、置くだけですぐに使えるタイプです。共用部分の工事ができないマンションなどの 集合住宅や賃貸住宅で設置したい方におすすめです。
 この簡易タイプの宅配ボックスの中にも、いろいろな形状があります。物を入れておくコンテナボックスのようなものや、エコバッグのように折りたためるタイプなどもあります。
 これらは、簡単に移動させられる点はメリットでもありますが、逆に 宅配ボックスごと持ち去られてしまうリスクもあることに注意しましょう。

 

 


 2. 据え置きタイプ
 戸建ての住宅にお住まいの方におすすめしたいのは、据え置きタイプの宅配ボックスです。
 設置には工事が必要で、アンカーボルトでコンクリートに固定したり、強力な接着剤で貼り付けたりと工事の規模は宅配ボックスの種類によって異なります。
 工事費用がネックとなるかもしれませんが、簡易タイプのように、宅配ボックスごと 持ち去られてしまうという心配はありません。アンカーボルトで固定しない 接着剤で貼り付けるタイプなら、工事費用は比較的安く済むでしょう。

ASTASおすすめ
コンボ_ライト

宅配ボックス 後付け用 工事費込み COMBO-LIGHT(コンボライト) メーカー施工 / Panasonic

サイズ:(約)幅39×奥行47×高さ60cm
価格:¥ 85,700円 ~ 94,635円 税込

▶︎詳しくはコチラ

 

 

素材で選ぶ
 宅配ボックスには、ポリエステル製・プラスティック製・金属製のものがあります。

 1. ポリエステル製
 ポリエステルを使用しているのは、簡易な折りたたみ式の宅配ボックスです。 小さく畳めて軽いので、使わないときには片付けておくことができます。ただ耐久性はあまりなく、水にも強くはありません。
“宅配ボックスの本体を切り裂かれて荷物を持ち去られる”という悪質なケースも稀にあるようです。

 

 


 2. プラスティック製
プラスティック製の宅配ボックスも、簡易タイプには多く見られます。ポリエステル製の宅配ボックスよりは頑丈で、防水加工が施されているものありますので、 雨風にも多少の時間であれば対応はできです。

 

 


 3. 金属製
金属製の宅配ボックスは、頑丈さでは群を抜いています。防水性の高いものも多く、デザインや機能面もすぐれています。ボックスの設置には工事が必要とはなりますが、セキュリティ面ではもっとも信頼できる素材の宅配ボックスです。

 

 

 

鍵の種類で選ぶ
 宅配ボックスの「鍵」にも、実はいろいろな種類があります。

 1.南京錠
南京錠と鍵
 南京錠とは、昔ながらの錠前式の鍵です。対応する鍵で開錠することができます。

 2. ダイヤル錠
ダイヤル錠
 ダイヤル錠は、 暗証番号で開錠する仕組みです。暗証番号は荷物を届けた配送業者が設定するタイプや、固定の番号があるものなど、宅配ボックスの種類によって使い方は少し異なります。

 3. プッシュボタン式/タッチパネル式
プッシュボタン
 プッシュボタン式やタッチパネル式も、ダイヤル錠と同様に、 暗証番号で開錠できる仕組みです。

 大切な荷物を守れるよう、しっかり施錠できて、使いやすい宅配ボックスを選びたいですね。

 

押印機能の有無で選ぶ
宅配ボックスの押印機能
 「押印(捺印)機能」とは、宅配ボックスに印鑑がセットできる機能です。配達業者が荷物を届けた際に、その証拠として押印するために使われます。
 基本的に宅配ボックスでの受け取りは”サイン不要”としている業者が多いのですが、押印機能のある宅配ボックスを設置すると、万が一トラブルが起こった際に保証を受けやすいというメリットがあります。

 仮に注文した商品が届かなかったとき、受領書に押印されていなければ「配送完了前のトラブル」と判断することができます。配送後に宅配ボックスから盗まれたのではない証拠となるので、保証の請求が可能です。
 一方、受領書に押印されているのに荷物がない場合は「配達完了後のトラブル」、つまり盗難の可能性が考えられます。

 宅配ボックスを設置するなら、セキュリティ面で信頼できて使いやすく、玄関先に置いても見栄えの良いものが良いですよね。

 

おすすめの宅配ボックス “パナソニックCOMBO-LIGHT”

combo_light_top04
 パナソニックのCOMBO-LIGHTは、アスタスがオススメする人気の宅配ボックスです。ガッチリ固定する据え置きタイプで、丈夫で劣化しにくい高耐候性樹脂版を使用しているため、盗難の心配もありません。
 荷物が届いているかいないかの表示も分かりやすく、押印機能も付いています。カラーバリエーションも豊富で、おうちのイメージに合わせて選べるのがうれしいですね。
 さらに、パナソニックCOMBO-LIGHTには、閉じ込め防止機能も付いています。万が一小さなお子さまが閉じ込められてしまった場合でも、内側から開けられるので安心です。
 パナソニックCOMBO-LIGHTの設置工事は、アスタスで受け付けています。アスタスならネットで注文可能なうえ、面倒な事前訪問もありません。L I N Eでのやり取りも可能で、工事日を注文から1〜3日で決定することもできます。
 しかも安心のメーカー施工です。信頼できるメーカーの担当者が、工事の管理を請け負います。ぜひご検討ください。

 

 

まとめ

 玄関先に設置する宅配ボックスは、おうちの一部ともいえる設備です。使いやすさやセキュリティ面、見栄えの良さなどをしっかり吟味して選びたいですね。
 この記事が、より良い宅配ボックス選びの参考になれば幸いです。

 


ASTAS
ASTAS

明日(アス)に「+(タス)」ヒントがここにある。 アスタスは「住空間に関わる全てを提案する」ことをコンセプトに掲げ、建築、インテリア、ガーデン、アートのスペシャリストが集いスタートした「住空間提案サイト」です。