マンションいつリフォームする?時期や費用を紹介


 マンションに長年住み続けていると、どこかしら不具合や老朽化を感じてくるものですよね。築年数が10年以上経過しているなら、そろそろリフォームを考える時期かもしれません。
 そこで今回は、マンションをリフォームする時期や金額の目安などを解説していきます。また、マンションリフォームならではの特徴や注意点も併せて記載しているので、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

リフォーム時期の目安は?

 リフォームの時期は、築年数や設備の耐久年数、そしてライフスタイルの変化などによって決まります。不具合を放っておくと生活が不便になるなだけでなく、後々余計な出費が増える原因にもなるので、早めに検討しておくことが大切です。

 

築年数から考える
マンション
 新築マンションに入居した場合は、築年数=入居年数なので分かりやすいかと思います。中古であれば管理会社に確認してみましょう(入居以前にリフォームしている場合はその年数も)。

 

<5〜10年>
 壁や床の汚れ、小さい部品の破損等、細かな部分の汚れや破損が気になってくる時期です。
 入居してそこまで年数は経っていませんが、気になった部分があればその都度修繕しておくことで、長くキレイに保ち続けることができます。

 

 


<10〜15年>
 10年以上経過すると、水まわり(キッチン・トイレ・風呂など)に不具合が出やすくなります。見た目は綺麗な状態でも、目に見えない内部では劣化や腐食が進んでいることが多いので、きちんと点検の機会を設けましょう。

 自分でできる点検としては、

・排水の流れが悪くないか
・パッキンやバルブは緩んでいないか
・ひびやタイルの剥がれ・欠損はないか

 などがあります。
 水漏れしていることがわかっていても場所を発見できない場合、また床下や天井裏など、自分でチェックすることが難しい部分に関しては、業者に依頼すると安心です。

 ちなみに水まわりの設備は10年前に比べて機能が格段に進化しており、使い心地だけでなく節水・節電効果が非常に高くなっているものがほとんどです!まだ使える状態であっても、新しいものに交換することで大きな節約に繋がりますよ。

 


<15〜20年>
 給排水管などが脆くなり、水漏れが起こりやすくなります。また設備の老朽化も進んでいるので、一度業者に点検してもらい、必要であれば新しいものに取り替えるなどの対応をしてください。

 


<20〜40年>
 生活の変化によって間取りを大きく変えたり、家全体をバリアフリーにするなど、“快適に暮らすためのリフォーム”をする人が多いようです。また10年以上前にリフォームした設備があるならば、改めて業者による点検をお願いし、必要とあれば修理や交換を検討しましょう。

 

 

年齢やライフスタイルから考える
夫婦
 年齢やライフスタイル、同居人数の変化などをきっかけにリフォームを検討する人もいます。以下はあくまで一例なので、参考程度にご覧ください。

 

<20〜30代>
 結婚や子供が生まれるなど「家族が増えた」という理由からリフォームをする人が多い世代です。中古マンションを購入して、入居前にリフォームを行う場合もあります。  子供が勉強する場所を確保するためにリフォームを行うなら、リビングに勉強スペースを設けるなど、親の目が届くように配慮して行うのがおすすめです。リビングで勉強をすることで、わからないことはすぐに聞け、また集中力が付きやすくなると言われています。

 


<40代>
 子供がある程度成長すると、 受験勉強や趣味に集中できるプライベートな空間が必要になってきます。個室のない家庭では、リフォームして新たな部屋を設けることが多いようです。

 


<50代>
 子供が大学進学や就職を機に一人暮らしをするタイミングで、部屋全体をリフォームする家庭もあります。
 大きなリフォームを計画したいのであれば「誰と暮らすか(夫婦・親との同居など)」「間取りはどうするか」といったことを具体的に決めて、一緒に暮らす人やリフォーム業者と綿密な計画を練ることが大切です。

 


<60代〜>
 「部屋をバリアフリー化する」「手すりをつける」など、生活しやすくするためのリフォームが人気です。他には「扉を引き戸に変更する」「間取りを変えてスペースを広くとる」などの施工もよく選ばれています。

 

\マンションリフォームのご相談はアスタスへ!/

〉 ASTAS TOPへ

 

 

設備別リフォーム時期・金額の目安を確認しよう
金額 電卓
 住宅設備は、使用頻度・耐久年数・日頃の手入れなどによって取り替え時期が異なります。ここでは、設備ごとのおおよその耐久年数と、リフォーム時期によく見られるサインをご紹介します。

 1.トイレ・洗面
 トイレタンク内の部品はおよそ10年、配管やパッキンに関してはおよそ20年が寿命とされています。
 トイレは本体が陶器製のものが多いので取り替えるイメージがあまり無いかもしれませんが、見えない内部部品の劣化が知らぬ間に進行しているかもしれません。トイレが故障してしまうと生活する上でとても困るので、定期的な点検と早めの対策が必要です。

 【トイレが不調のときに起こりうるサイン】
 ・水漏れしている
 ・水を流した際に異音がする
 ・流れが悪い、戻ってくる

 もし自宅のトイレがこのような状態ならば、業者に点検をしてもらい、できるだけ早く原因を突き止めましょう。
 ちなみに最近では「掃除がしやすい」「すっきりしたデザインが好み」などの理由から、タンクレストイレへリフォームされるご家庭も多いですよ。
トイレリフォーム
\タンクレストイレへのリフォームはコチラ!/

 

 

 2.浴室
 浴室は、水分による内部部品の腐食が最も起こりやすい場所です。使用開始から15年経っているのであれば、一度業者に点検をお願いし、必要であれば修理またはリフォームを行いましょう。内部の劣化を放っておくと最悪の場合、下の階にまで影響してしまい、結果として修繕費用が高額になるケースもあります。

 また浴室をリフォームするその他の理由としては

 ・浴槽や浴室の床や壁のひび割れまたは劣化
 ・浴室内部や脱衣所が寒い(床や壁が冷たい/お湯が冷めやすい/浴室乾燥機の故障など)
 ・バリアフリー化(浴槽を低くする/段差をなくす/手すりをつけるなど)

 などがあります。特に浴室の寒さは“ヒートショック”の原因にもなり、命に関わるので、早急にリフォームを検討しましょう!

 一方、お湯関係のトラブル(お湯が出ない、追い焚きができないなど)は給湯器が原因なことがほとんどです。給湯器の寿命は、約10〜15年だといわれていますが、不調を感じたらすぐに業者に点検を依頼しましょう。
浴室 リフォーム
\エコキュートの交換はコチラ!/

〉エコキュート かんたん工事セット

 

 

 3.キッチン
 キッチンの設備点検時期は使用から10年経った頃、配管やパッキンなどは約20年に一度の交換が目安です。

 【自分でできるキッチンの点検】
 ・扉や引き出し、棚板の変形・反り・ガタつきはないか
 ・シンクやカウンターにひび割れ・欠けはないか
 ・水栓の水漏れはないか、パッキン・排水トラップ・排水ホースの破損はないか
 ・レンジフードのファンは正常に動くか、異音や異臭はないか
 ・ガスコンロ:スムーズに火がつくか、異音や異臭はないか
 ・IHコンロ:きちんと作動するか、プレートは破損していないか、異音や異臭はないか
 ・食洗機内部に異臭はないか、作動時に異音はないか、煙が出ていないか

 原因が分からない不具合が見つかったら、念のため早めに業者による点検を行いましょう。

 また、ガスコンロ・IHコンロ・食洗機の寿命は約5〜10年とされています。ただし使用頻度が高かったり、メンテナンスを怠っている場合はもっと早く不調が出てくることもあります。どの設備にも当てはまることですが、油汚れを落とす、拭き掃除をするなど、日々の継続したお手入れがとても大切です。


 設備の劣化や不調以外でも、

 ・収納スペースを増やしたい
 ・キッチンカウンターを低く/広くしたい
 ・掃除しやすいレンジフードが欲しい
 ・自動水栓/浄水機能を付けたい
 ・食洗機を新設したい
 ・最新設備を取り入れたい
 ・ガス→IHに変えたい

 などの理由からリフォームされるケースもあります。キッチンを主に使う人が快適に感じられるようなリフォームを検討してみてください!
キッチン リフォーム
\IHの交換はコチラ!/

〉IH かんたん工事セット

\食洗機の交換はコチラ!/

〉食洗機 かんたん工事セット

 

 4.壁紙
 壁紙を張り替える目安は5〜10年ですが、汚れ・匂い・傷・カビなどが目立つ場合は早めの張り替えをおすすめします。

 【壁紙が劣化しやすくなる原因】
 ・室内での喫煙→黄ばみ/臭いの原因
 ・ペットを飼っている(爪研ぎ、マーキングなど)→黄ばみ/汚れ/臭い/キズ・破れ・剥がれの原因
 ・小さな子供がいる(落書きなど)→汚れ/キズ・破れ・剥がれの原因
 ・湿度調節ができていない、難しい→カビ/臭い・剥がれの原因
壁紙  リフォーム
 壁紙を張り替える際には「エコカラットプラス」への変更もおすすめです!エコカラットプラスはお部屋の湿度を一定に保ってくれる“調湿建材”です。その他にもトイレ・生ゴミ・タバコ・ペットなどの臭いを脱臭してくれる機能もあるので、壁紙のカビや臭いに困っている方は検討してみてください!

 

\エコカラットプラスで簡単リフォーム!/

 

 

 5.フローリング
 フローリングは大体10〜20年で張り替えるのが良いとされていますが、部分的な傷や日焼けによる傷みは5〜10年ごとに補修するとキレイに保ちやすいです。  フローリングを張り変えるリフォームには、 既存のフローリングを剥がして新しいものに張り替える「張り替え工法」 と、既存のフローリング上に新しいものを重ねて張る「重ね張り工法」 の2種類があります。和室から洋室にするなど大胆なリフォームなら「張り替え工法」、価格を抑えたいなら廃材処分費が節約できる「重ね張り工法」をおすすめします。
 高齢者の方や幼いお子さん、ペットがいるご家庭は「クッションフロア」を選択する場合も多いようです。クッションフロアは“柔らかく防水性が高い”という特徴を持つ床材なので、万が一転倒してもフローリングより身体へのダメージが少なく安全に暮らすことができますよ。
フローリング リフォーム

 

 

 

 6.畳
 畳は基本的に裏表どちらも使用できるので、多少の劣化が見られても裏返せば問題ありません。両面使い終わった後は、畳の表面にあるイグサを剥がして新しいものに取り替える「表替え」を行い、最終的に10〜15年で新調するのが一般的です。
畳 リフォーム

 

 

マンションリフォームをする際に必要なこと

 一口に「リフォームする」と言っても、マンションの場合は戸建てと違い、守らなければならないルールや注意点がいくつかあります。「そろそろリフォームしたいけれど、何から始めたら良いかわからない」と思っているなら、まずこれらを確認することから始めてみてください。

 

家の状態を正しく把握する
トイレ点検
 始めに、家の現状をできるだけ正確に把握してみてください。家は築何年なのか、また部屋や設備ごとに

 ・何年使っているか
 ・どこがどのように劣化しているか


 を詳しく知りましょう。忘れても後から思い出せるように、メモしておくのがおすすめです。
 リフォームする場合は業者の点検が入るとは思いますが、その前に自分でチェックしておくことによって「どこをリフォームしたいのか」という希望を明確にすることができます。

 


実行可能なリフォームは何かを確認する
マンション契約書
 リフォーム計画が固まってきたら、次は「計画通りのリフォームが可能かどうか」を確認しましょう。マンションには管理規約があり、個人的にリフォームして良い場所とダメな場所が決まっていることがほとんどです。特に大規模な工事や共有部分の工事を考えている場合は、管理会社や大家さんに直接問い合わせるなどして、規約違反にならないよう十分注意してください。

 


業者選びは慎重に
見積書
 数多くのリフォーム業者から1つを選ぶのはとても大変ですが、リフォームの成功が懸かっているため非常に大切な作業です。選び方が全くわからないという人は、同じマンションのリフォームしたことのある住民に聞く、またはマンションでのリフォーム実績が多い業者・利用者の口コミが良い業者を中心に探してみてください。
 また、いきなり1つの業者に決めるよりも、まずは複数の業者に見積もり請求してみて、金額や対応の良さ・提案内容を比較することをおすすめします。

 


マンションリフォームならではの注意点
女性
 そのほか、マンションのリフォームで注意すべきことは以下の3点です。事前にやることをリストアップしておくと、スムーズに行うことができますよ。

 1.管理規約を遵守し「申請書の提出」などのルールに従う
 2.リフォーム工事前に、近隣住民へ挨拶をする
 3.仮住まいの準備をしておく(必要であれば)

 スムーズにマンションのリフォームを行うためには、規約で決められたルールをきちんと守ることが非常に大切です。管理会社や大家さんと打ち合わせをし、提出物や注意点の確認を必ず行ってください。そして工事中のトラブル対策を兼ねたマナーとして、リフォームの前に近隣住民の方へ一言ご挨拶しておきましょう。
 また、リフォーム工事が長期に渡るようであれば生活に支障が出やすいため、仮住まいの手配も必要になるかもしれません。その際は、ネット環境が整っており家具・家電が備え付けのウィークリー/マンスリーマンションがおすすめです。

\マンションリフォームのご相談はアスタスへ!/

〉 ASTAS TOPへ

 

 

 

まとめ

 リフォームは決して安い出費ではありませんよね。だからこそ、今までよりも使いやすく、快適に、楽しく暮らせるようなリフォーム計画を立てる必要があります。
 マンションのリフォームには「出来ること」と「出来ないこと」があるので、規約をしっかり確認した上で、ご自身の理想をできる限り実現してみてください!

 


ASTAS
ASTAS

明日(アス)に「+(タス)」ヒントがここにある。 アスタスは「住空間に関わる全てを提案する」ことをコンセプトに掲げ、建築、インテリア、ガーデン、アートのスペシャリストが集いスタートした「住空間提案サイト」です。