珪藻土コースター / 立風製陶


01

“良い土を焼く”をコンセプトに、立風製陶が独自の技術で焼き上げた珪藻土(けいそうど)コースターです。珪藻土の吸水性をそのままに陶器として生み出されたコースターは、陶器ならではの味わいがあります。

 

 

珪藻土のミリョク

吸水性の高い自然素材として、今ではすっかりお馴染みとなった珪藻土。その機能を活かした便利なグッズは、もう見たり使ったりされた方も多いと思います。 このコースターも、持ち前の吸水力は健在。グラスについた水滴をあっという間に吸い取ってくれます。

01

オリジナルなデザインも作れます。 店舗利用やノベルティにもピッタリ!

01

 

陶器の味わい

その特徴を持ったまま 1,200℃もの高温で焼かれたこのコースターは、珪藻土特有のモロさを克服し、質感の良い陶器となっています。思わず手に取りたくなる触り心地、グラスを置くと奏でる音。ハマります。

01

もちろん陶器なので割れてしまうことも...でも水は吸ってくれるし、筆者はもったいなから使っています(笑)

01

ウラ面はすべり防止のコルク地に。



f.d.c (佐藤 雄紀)
f.d.c (佐藤 雄紀)

f.d.c. [frank design communication] は、 2016年ASTAS発足時に、他分野で活動するデザイナー同士で結成されたデザインチーム。 主にASTASのWebサイトのデザイン・編集・更新を担当。様々なジャンルのプロジェクトや創作活動を行っている。